年を取ることが楽しくなる極意

年を取ることが楽しくなる極意紅葉

新聞広告で見つけた、曾野綾子さんの「老いの僥倖」の抜粋の一部をご紹介します

老いのうまみを味わわなければ、生きてきた甲斐がない

人間は苦しいことがあればあるほど、上等になる

「許す」ということほど人生で難しいものはない

くだらないことを喋れなくなったら、おいぼれ

現実はいつも人間の予想を裏切る

外見が衰えるころから 輝きだすもの

人生は「自分の選択と運」の結果である

高齢者は機嫌よく暮らす義務がある

「大丈夫でないときは死ぬ時だけ」

年を取ることへの覚悟を教えられた気がします。皆さんはどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA