崇高なる献眼を頂きました

崇高なる献眼を頂きました◆新南陽若山ライオンズクラブ12人目の献眼◆

平成30年12月1日平本光雄様が94歳で永眠されました。故人は18歳で駆逐艦の乗組員として戦争の体験をされ魚雷で駆逐艦が沈没した際も腕を負傷した身で重油の浮かぶ海面を12時間も頑張り生還されました、終戦後は船長、航海士として戦後の復興に貢献されました。新南陽若山ライオンズクラブの献眼活動にご理解頂き、平成九年11月2日に新南陽物産展会場に於いて献眼登録を頂いておりました。ご逝去の報に接し、ご家族「ご長男、ご長女」に献眼のお願いをし快くご承諾を頂きました。

◆ライオンズクラブ国際協会336D地区中林ガバナーより感謝状◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA