会員の崇高なる献眼

新南陽若山ライオンズクラブ会員、澤重敏郎さんが令和元年11月16日享年69歳にして永眠されました故人の遺志によりご家族からの申し出があり崇高なる献眼をして頂きました。       

※会員を代表して渡邉輝明さんが弔辞を述べられ故人の人となり、生前のお姿を偲び涙を誘いました。

 

感謝状 日本アイバンク協会  やまぐち移植医療推進財団  ライオンズクラブ国際協会336D地区ガバナー

ライオンズクラブ国際協会336D地区ガバナー感謝状

公益法人やまぐち移植医療推進財団理事長感謝状

家族揃って喪主謝辞

喪主 澤重賢二様のご挨拶の要旨 献眼のみ

父の三年にわたる闘病生活を通して父の奉仕活動への思いと、人間愛を肌で感じ改めて父の偉大さに勉強させられました、家を新築し環境の良い病室もつくり、そこで最後を見取れたことがせめての親孝行がが出来たと思っております、今回父の遺志で角膜を提供し、二人の方が愛の光を取り戻し社会に復帰されます、その二人の方の瞳を通して私共、子供や孫の成長を見守ってくれます感謝して居ります。

          

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA