新南陽護国神社桜のえだ補強

※枝が真横に伸びて8メートルよく耐えていると感心しながら今にも折れそうで不安いっぱいの桜の木2本、誰も手を差しのべない現状でしたが、見るに見かねて今回、蔵角ライオンに檜の丸太「末口12㎝長さ3m」2本を寄付して頂き念願の補強が出来ました。枝の下を潜る散歩の皆さんもこれで安心です。

※ 添え木の穴掘り          ※添え木の加工

※ 補強された2本の枝です。

 ※この奉仕も環境保全の一部でしょうか。

 

 

 

新南陽護国神社桜のえだ補強” への1件のフィードバック

小野 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA