福寿荘&つくし園に新米180㌔贈呈

※令和3年10月7日 蔵角会員の申し出により、米どころ升谷の田んぼできた新米を福寿荘と つくし園に各90㌔贈呈致しました。

※三戸会長 挨拶要旨

毎年の慰問行事であります”福寿荘&つくし園 春の福祉まつり”もコロナ禍で二年間に亘りやむなく中止となり施設で暮らす皆様、とくに家族と離れて”つくし園”で生活する皆様は4月29日開催の福祉まつりを唯一の楽しみにしておられ胸の痛む思いでございましたが、今回、蔵角会員提供の新米を施設の皆さんが美味しく食事して頂き心を癒して頂ければせめての救いでございます。来年は”春の福祉祭り”が開催されることを切に祈念いたします。

福寿荘 住田理事長様に目録贈呈          つくし園 三浦理事長様に目録贈呈

※関係者記念撮影               三戸会長 原幹事 後列 蔵角L  前列  山田

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA