新年度引継例会開催

令和2年6月25日18時より寿司やすに於いて新年度引継例会を開催、新型コロナ禍いで久し振りの会食例会となりました。6月第二例会は7月から始まる新年度にそなへて新年度役員が取り仕切るリハーサル例会ともいえます。

※小野現会長から、新年度盛貞会長へバトンタッチ素晴らしい笑顔です。

※盛貞幹事から新年度三戸幹事バッジ交換     ※宜しく   信頼と笑顔

※森重会計から、新年度原会計へバッジ交換      ※宜しく

※新型コロナ禍で30周年記念行事が中止となり、この場でクラブ内表彰 チャーターメンバー3名

 30年前はみんな若かった   山本二雄  L        市川末子  L       大野恭史 L

チヤーターメンバー挨拶  30周年記念誌より 【30年を振り返って】

大野恭史 平成2年3月14日、新南陽若山ライオンズクラブ結成に伴い新南陽ライオンズクラブから移籍しチャーターメンバとして参加し、”光陰矢の如し” 30年前27名で発足した我がライオンズクラブも当初の目標であった「献眼」を中心に諸活動を継続して来ました。出発時から少数の人員構成出会ったため、それなりの制限や苦労もありましたが役員も会員も燃え、知恵を出し合いながら突き進んできたように思います。地域でも少しづつ名前も知られるようになさって参りましたが、当初の仲間の他界、高齢化の退会なともあり寂しい面もありますが、新入会員も加わり、当初の目標もぶれることなく継続しています。チャーターメンバーと云いながらも仲間の一人としてぶら下がっているだけで会への貢献もできず心苦しい面もありますが、このクラブの願いが引き継がれ新しいメンバーが中心となって社会奉仕に精進して下さることを願うばかりです。一人では何もできない、でもウィサーブ精神の行動目標のライオンズクラブなら会員の一員であることだけで、社会へのお返しも少しは出来るだろうと皆様の足手まといになりながら名前を連ねています。 自分の事だけで手一杯。他人のことなどかまっていられない・・・と言わんばかりの社会風潮、でも新しい若いかいいんが入会して来られる姿も見え嬉しく頼もしく思っています。 社会は「助け合い」で成立しているのですから皆さん宜しくお願い致します

市川末子 私はクラブ結成と同時にご縁があって入会致しました。当時の会員はほとんどが男性で女性会員としては草分的存在でした。クラブの初心は “寄付行為はやめて汗を流し美味しいお酒を酌み交わす”がモットーで気持ちがかたむいたと思っております。その心がチャーターメンバー全員が献眼登録したこと、アイバンク設立基金チャリティショー、献眼運動、社会福祉施設の慰問活動、若い命を国の為、国民の為に捧げられた御霊が眠る新南陽富田護国神社の環境整備に繋がっております。30年の思いでを振り返れば限りがありませんが、特に印象が残りますのは『青少年育成委員会』活動で新南陽富田護国神社境内を道場として12月23日天皇誕生日に開催される ”青少年奉仕活動実践若山塾”に於いて地域の子供会が参加し、清掃作業を通して “和を以って尊し” を学び、しめ縄づくりの指導で日本文化の伝承を体験・・・等々、昼食はブタ汁を振る舞うのが習わしとなり、私がブタ汁担当を引き受けていますが熱々のブタ汁を啜りながら、子供達や、保護者、会員の皆様の笑顔に魅了されながら明日に向けて挑戦致します。

山本二雄  クラブ設立に当たりクラブ名を若山城址を中心に戸田、湯野地域を含めて新南陽若山ライオンズクラブと命名致しました。結成当時の下松ライオンンズクラブ所属、山中健三ガバナーの奉仕目標「献眼活動を前進させよう」にならい全員が献眼登録、早期アイバンク設立を第一目標にし資金調達手段として”アイバンク ” 設立基金チャリティショー ” を開催し地域の皆様に参加して頂き募金活動と献眼登録に無我夢中の10年目、当初、献眼登録頂いたお二人から初めての献眼を頂きました。それ以後は献眼にも主力をおきましたが容易ではなく腰が引けそうな20年目にお二人の献眼を頂き、前向きに活動を進めその後はは今迄の活動の成果が見られるようになり現在14名の方に献眼して頂きましたが、献眼に至る過程の心情は容易ではなく献眼者の人間愛、ご家族の思いを胸中にするとき何としても献眼者慰霊碑を建立し永代供養と、崇高なる人間愛を社会に顕彰し後世に伝承することが私共に与えられた責任と強く感じて居りました。献眼活動30年の節目の年に念願でありました献眼者慰霊碑が由緒ある曹洞宗真福寺の境内に建立できましたことは万感胸に迫る思いであります。

30周年記念事業 14名の献眼者 周南地区全ての献眼者慰霊 献 眼 者 慰 霊 碑

28年永年会員表彰     山田圭子L      会長職二回 事務局20年有難うございました。

優秀会員賞   三戸保志  山本二雄  小野 稔L  深海季夫L

渡邊輝明L  安達勝馬L 永年クラブに貢献され、この度惜しまれてながら退会されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA