少女のヘアードネーション

※ 小児がんで頭髪を失った子供たちの為に頭髪を寄贈された金永涼音さんに令和3年7月19日(月) 13時桜木小学校 校長室に於いて校長先生同席のもと新南陽若山ライオンズクラブ会長 三戸保志さんから感謝状が贈呈されました。

※ヘアードネーションはライオンズクラフブ国際協会SPC・FWTコーディネーターが担当するアクティビティの一つで、小児がんで闘病する年間約2000名の子供たちが一時的に頭髪を失い悩んでいます。その子供たちが笑顔を取り戻し、普通の生活が出来るようライオンズクラブを通じて大切に役立てることがヘアードネーションです。金永涼音さんは、お母さんのすすめで大切に伸ばした約36センチの黒髪を新南陽若山ライオンズクラブを通して提供されました。小さな奉仕、小さな人助け、小さな人間愛、このことは広く社会に知って頂く必要に感じています。

※左から 校長先生、担任の先生、金永涼音さん、三戸会長、佐々木SPC・FWTコーディネーター

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA